先生

甲状腺の病気はホルモンの乱れが原因|早期発見が何より大切

体内で一番大きな内分泌腺

病院

甲状腺の病気は治るまでに時間がかかっても、定期的に通院していれば普段と変わらずに生活できます。甲状腺の病気の中には遺伝が関係する場合もありますが、同じように遺伝の関与が指摘されている高血圧症や糖尿病よりも容易に治療ができます。

働く女性は見落としやすい

患者

喉にある甲状腺。心臓や肺と同じく、生きて、動くために必要な器官です。この器官の代表的な病気のひとつがバセドウ病です。これは自己免疫疾患のひとつで、代謝が上がりすぎて心身に異常をきたします。症状に気づいてもすぐ甲状腺に結びつかないのも特徴のひとつです。

内分泌器官の病気

診察室

かつては甲状腺の病気を治療していると妊娠出産ができないと考えられていました。しかし、いろんな研究の結果、間違いである事がわかりました。甲状腺ホルモンを上手にコントロールしていれば妊娠できるし安全に出産できる病気なのです。

内分泌系の病気

甲状腺の病気のすべてを徹底的にガイドしているサイトがありますよ。目立った痛みが無くても要注意なので病院に行きましょう。

難病として深刻視されている聴神経腫瘍を克服するためにこちらの医院に相談しよう。メールからでも対応しているので安心です。

生活の中で工夫する点

ベッド

首の真ん中辺りにある甲状腺は通常の状態であれば問題無いですが、何らかの異常をきたすと甲状腺の病気へ発展します。甲状腺の病気には甲状腺ホルモンが過剰に出過ぎる甲状腺機能亢進症と、ホルモンが漏れ出してしまう甲状腺機能低下症があります。どちらも放置すると命に関わる問題へと発展するため、早期発見と早期解決が望まれます。甲状腺機能亢進症の場合、頻脈が出たり動機が生じたり、発汗も多く疲労しやすい体となります。少し動くだけで体が疲れてしまうため、安静にするのが一番でありゆっくりと自分のペースで行動すると楽です。甲状腺機能低下症の場合は自覚症状がほとんど無いため、体がだるくなったり急に心臓が苦しくなったら注意します。

医療施設の選び方

甲状腺の病気は疲労や動機といった症状があっても見過ごされる事が多いため、日常生活に少しでも異変を感じたら医療機関を受診すると良いです。また若い女性に出やすいため、出産を控えている場合は慎重に見極める必要があります。全国には甲状腺の病気を治療できる医療施設がたくさんありますが、症状や通いやすさを踏まえて選ぶことが大切です。軽度の症状であれば服薬で十分治療できますが、中度から重度になると放射線治療や外科的治療が必要となります。症状をいかに早く見つけるかが回復への近道なので、最新医療を導入している医療施設を選択すると良いです。そのような施設を選ぶことで、費用や体の負担も軽くなり、一日も早い社会復帰が実現できます。

岡山で透析できるクリニックがこちらです!自分の体に異常を感じたら、医師に早めに相談しておいたほうが良いですよ。

こちらの病院では透析で送迎が必要な人のために充実した通院体制を整えています。希望する人は病院スタッフに相談しましょう。